流藻川水質検査

6月7日(土)、国土交通省主催で全国の河川の水質検査があり、今年も宮地地区から郡築地区
にかけて流れている水無川を検査しました。

今回は八代市立第四中学校の2年生(選択理科)の皆さんにお手伝いしてもらいました。
ありがとうございました。
今回も下流から上流に向かって調査しました。

調査地点@
八代市古閑浜町 八千把小浜分校付近
水無川の下流域です。
このあたりは臭いはひどいし、水も汚れていて、
最悪です。

COD 8以上
透視度 42cm
元南高校生物教諭の丁畑先生の指導もと
今回の水質検査が行なわれました。
みんな真剣に水質検査のやり方を聞いています。
COD検査をしているところです。

透視度を測定しているところです。
調査地点A
八代市古閑下町 八代第四中学校付近

水無川の中流域です。
下流域よりはきれいですが、まだすこし濁っています。

COD 4〜6
透視度 53cm
さっそくパックテストで検査。
調査地点B
八代市妙見町 ホタルの里公園

水無川の上流です。

COD 0〜2
透視度 100cm以上


きれいな水にみんなたまらず水の中へ。
CODの検査。
水生生物の調査です。

カゲロウの幼虫やトビケラ、ウズムシ(プラナリア)
などたくさんいました。
最後の調査地点も無事終了。
生徒たちはしばらく水遊びを楽しみました。

四中のみなさん、お疲れ様でした。

先生の感想

:参加した生徒達はとても喜んでいました。特に上流域で水に入って遊べたこと、水生生物もいてきれいな水を実感できたことが心に残っているようです。生徒達の中には、とても興味があるけれど、教室でするような真面目な理科の勉強は苦手だったり、普段から大人の人とお話が出来ない子がいたりして、失礼なこともたくさんあったのではないでしょうか?本当にお世話になりました。今回参加させていただいた水質調査の結果を学年全体の総合学習「環境と健康」にもいかしていきたいと思います。ありがとうございました。

生徒の感想(似た感想も多数あり)

     初めてこのような調査に参加し、よい経験になった。もう少ししてみたいと思ったので、今度あった時はまた行こうかと思う。

     今回の水質検査でたくさんのことを学びました。最初の下流では、深緑になっていてにおいがひどくきつかったです。四中付近になると、においはないけれど、油・植物などが浮いていて汚かったです。そして最後の上流のほうになるととても透き通っていて、水道水と同じくらいかもと思うほどでした。また機会があれば水無川だけではなく、くまがわなどの大きな川にも挑戦してみたいです

     水の調査に参加してみて、水の濁りを調べて検査液で緑色になるのが濁っている水で、ピンクの水が濁っていない水だとわかってとても勉強になりました。

     水質調査でまず気付いた事は同じ川でも上流から下流にかけてどんどん汚れていくということです。

     水の調査に参加して、僕は、水無川の水を今まで知らなかった事などを知れて良かったです。中でも水がきれいな上流では川の石などをめくると生物(プラナリア等)がいたのでびっくりしました。

     下流から上流にかけての水の汚れや水の臭いが全然ちがって、少しずつきれいな水に住むホテルなどもいなくなっていたから、人々の手できれいにしていきたいです。

     下流はくさくて汚かったからいやだった。四中付近では相当きれいになっていた。油が浮いていたが下のほうはキレイザリガニがよくいる場所だった。蛍の里公園では100以上(透視度計)でも印がよく見えた。しかも凄くキレイに見えた。冷たかったけど鯉のいる深いまた深くて水は浅いところに比べて少し透明感がないみたいけど、浅くて冷たいところにいる時は全然ぬるいと思った。鯉がバケツに入ったけどとられて持ってくるのが大変だった。楽しかったです!