川の健康診断in 2013

7月10日に水質検査をしました。
今年度も昨年度と同じように宮地小と八代第八中との共同で水無川の調査を行ないました。
宮地地区では、「宮地学」という宮地小と八中との共同で地元の地域や地域の方々に色々なことを学ぶ学習体制があり、会員の濱田さんがその依頼を受け、がんばろ会と共同で水質検査をしました。

参加者  宮地小児童9人、八中生徒4人 先生1人 会から3人 熊本県浄化槽協会から1人

水無川の下流から中流 上流で調査しました。
上流ではまとめとして、熊本県浄化槽協会の坂口さんの水の学習会をして頂きました。

ことしは炎天下、雨も降らない日が有ったせいか水質も悪かったです

     COD   透視度        水生生物
上流   4    100cm以上    プラナリア・ヒラタカゲロウ・タニガワカゲロウ
中流   7    82CM       アメンボ タナゴ
下流 平均7   32CM       いない

水無川下流の昭和橋付近の様子    昭和橋から水を採取。かなり臭います。

汲んできた水をみんなで検査(1)

汲んできた水をみんなで検査(2)

中流の第四中学校付近で調査


上流のホタルの里公園に到着。
冷たくてきれいな水に子供たちも大喜び。


水遊びの後、しっかり調査。

調査の後は、まとめの学習会。

最後は、みんなで記念撮影。お疲れ様でした。

TOPに戻る  川の健康診断に戻る