ごみ問題対策学習
「リユース食器システムワークショップ」

 

八代市では、ごみ焼却炉の老朽化の問題から、昨年7月「ごみ非常事態宣言」が発令されました。そこで、この度、市役所のご協力の下、市民にごみの削減や温暖化防止・環境保全に関心を持って頂くため、ごみの削減・リユースシステムの構築を目指したワークショップを開催致しました。

 

 日時 : 7月3日(日)13時〜15時半 (受付 12:30時〜) 参加費:無料

 会場 : やつしろハーモニーホール 八代市新町5番20号 TEL 0965-53-0033

 

◇◇学習内容◇◇

(1)八代市のごみ現状に関するお話

  ・清掃センターの現状や八代市におけるごみ処理の現状

  ・ごみの減量化に関する市の取り組みなどの紹介 など

(2)当会によるごみ減量とリユース問題の学習

・ごみ減量:弁当劇

・プロジェクターでの学習 (地球温暖化防止の学習を含む)  

(3)展示ブースでの説明・紹介など

  ・リユース食器の貸出しシステムの紹介

・段ボール箱を利用した生ごみ堆肥化容器の紹介(実演)

  ・風呂敷包み体験(風呂敷を利用したごみの減量化)・新聞エコバック体験 

・エネルギーの消費カードゲーム(地球温暖化防止の学習を含む)
    ・リユース容器を使ったヨーグルト作りの紹介など

 

今回、多大なご協力をいただいた八代市市役所の
環境部長 福田 昇氏のご挨拶


八代市のゴミの現状や取り組み、さらに分別の注意点
や実例などをわかりやすく説明してくださった分別の達人、
ごみ対策課 山口敏朗氏です。



 ← ↑ 今回配布された資料
3Rを考えるお弁当劇

顧問の上久保先生による恒例の環境学習

お弁当劇の一部を動画でご覧下さい。


:劇の中でも出てくる容器や包装の値段のパネル
画像をクリックすると大きな画像が出ます。

[左上]
当会では食器の無料貸出しをしております。
色々なイベント会場でリユース食器を利用することで、
ごみもお財布にもやさしい活動です。
また、食器を購入する場合のエネルギーや、
廃棄するときにかかる処分代、エネルギーの削減にもなります。
詳しくは↓をご覧下さい。

リユース食器システム

[右上]
3R(リデュース、リユース、リサイクル)の説明パネル
画像をクリックすると大きな画像が出ます。

[左横]
利用者または利用団体に対して
「何枚貸したのでどのくらいの二酸化炭素が削減できたか」
をお教えするためのハガキです。
画像をクリックすると実物大の画像が出ます。
その計算は会員の遠藤さん(ISO14001の審査員資格有り)
が担当しています。

段ボールを使った生ごみ堆肥化の学習コーナー
講師は八代市ごみ対策課 田中和彦氏(一番右)



新聞マイバッグ作り体験コーナー
講師は八代市役所の柿本光明氏(八代ブランドごろよか課)
にボランティアでやっていただきました。


風呂敷包み体験コーナー
講師は八代市役所の上村圭介氏(市民活動支援課)、
中川順一氏(環境課)にボランティアで
やっていただき
ました。


↓ビール瓶の包み方の動画
今回、参加者にプレゼントしていただいたエコ風呂敷。




↓スイカやばんぺいゆの包み方の動画
当会のオリジナル学習カードゲームの紹介パネル。
省エネ・省資源や3Rを学習するためのカードゲームです。


八代市の資源分別の実例を展示。



会員の遠藤さんが
リユース容器を使って
10年間自ら培養している
ヨーグルト作りの紹介です。
興味ある方や
種菌がほしい方は
こちらをご覧下さい。

ママが作ったヨーグルトは
おいしいよ。



主催 次世代のためにがんばろ会

共催 やつしろハーモニーホール

後援 八代市 八代市教育委員会 NPO法人くまもと温暖化対策センター エフエムやつしろ 
     やつしろ里海ネット ネイチャー八代  ECO推進宣会 八代エコキーパーズ 

 

★このワークショップは、(財)セブンイレブンみどりの基金の助成を受けて開催いたしました。