木工教室 in 八中

 3月7日、熊本県水とみどりの森づくり活動支援事業として、1月の八代第八中学校に
引き続き、今回は八代第七中学校で「間伐材を利用した木工教室」を開催しました。

 今回も富田先生に森林と木材の機能等について学び、その後、柿本氏の指導の下、
中学校の敷地内に設置するプランターカバーとベンチ作りを体験しました。

 今回は柿本氏の配慮で時間内に完成できるように工夫していただきました。その甲斐
あって、プランターカバーとベンチが時間内にすべて完成しました。

11日の卒業式に自分たちで作った卒業記念の作品が花をそえることでしょう。
本日参加した生徒の皆さん、保護者の皆さん、ご卒業おめでとうございます。



本日参加した3年生の皆さん

山本校長先生による挨拶

今回参加の講師の先生と会員たち

富田先生による講話

クイズを出しながらの楽しい授業

杉とヒノキの違いがわかるかな〜?

どれが杉とヒノキかわかりますか?

生徒たちもサンプルを手に真剣に考え中

お勉強の後は、柿本氏による木工指導

生徒たちも真剣に聞いています

プランターカバーの作り方の説明

いよいよ作業開始です

プランターカバー製作の様子(1)

プランターカバー製作の様子(2)

プランターカバー製作の様子(3)

プランターカバー製作の様子(4)

プランターカバー製作の様子(5)

これがプランターカバーの完成品です

こちらはベンチ製作の様子(1)

ベンチ製作の様子(2)

ベンチ製作の様子(3)

ベンチ製作の様子(4)

ベンチ製作の様子(5)

自分で作ったベンチの座り心地はいかが?

完成したプランターカバー

完成したベンチ

最後は「熊本県間伐材」と「がんばろ会」

の焼印を押して終了です

「熊本県間伐材」の焼印

かわいい釘入れ、これも間伐材利用だそうです