水無川の日

八代の清流「水無川」は、昔はホタルの乱舞する綺麗な川でした。しかし、今では八代海にそそぐ昭和・郡築地域の下流は、水無川の近辺を通っただけで悪臭が鼻につき、もちろん水生生物もいない状態の川です。

そこで、太田郷小学校の麦田校長先生が発起人となり「八代の市民にこの状態を知る機会を持ってもらおう。そして、市民みんなで上流のきれいな状態を下流まで繋げていこう。」と水無川をきれいにする会が立ち上がりました。ちょうどこの日は熊日日新聞社のエコモーションキャンペーンの企画で熊本県下の4河川、菊池川・白川・緑川・球磨川で一斉清掃が行われました。そこで、この日を「水無川の日」とし、水無川に隣接した地域の小・中学校の保護者や生徒さん方で水無川の一斉清掃をすることになり、がんばろ会も事務局してお手伝いいたしました。


でも、この日はあいにくの雨で各地域での清掃を取りやめ、太田郷小学校近くの川掃除だけになってしまいました。残念。

日時  平成17年11月日(日) 

    10:00    太田郷小集合     

      :10    挨拶・検査説明  どんぐり配布

      :20    水質検査  各地域の川の水・1L

    11:00    清掃

    12:00    軽食(豚汁) 解散

 

開会式
司会は太田郷小のPTA会長さん
太田郷小学校の多目的ホールにて
水無川をきれいにする会の代表麦田校長先生の挨拶
この日の参加者の皆さんです。
二中や七中の生徒さんがたくさん参加。
七中の山田先生が水質検査について説明してくださいました。
とてもわかりやすく、そしておもしろかったです。
ジュニア会員の秀ちゃんの自由研究の説明に参加者全員が注目
中学生の生徒たちに水質検査を体験してもらいました。

COD検査結果
宮地東小(最上流) 0〜5
砥崎橋下(上流)   5
太田郷小(中流)  5〜8
昭和小 (下流)    10

 
パック検査の結果を参加者に説明。
透視度検査も中学生に手伝ってもらいました。

透視度の結果
宮地東小(最上流) 47cm
砥崎橋下(上流)   37cm
太田郷小(中流)   26cm
昭和小 (下流)   20cm

 
球磨川流域水系ネットワークの右田さんが今日の球磨川清掃の状況を説明。
まだつよい雨が降っていたので、先に豚汁をふるまいました。

吉村教室、ネイチャーの皆さん
いつもありがとうございます。
おいしい豚汁にみんなもうれしそう。
ようやく雨もあがり、川掃除の開始。
あまりゴミはなさそうですが・・・
おお!こんなものが・・・
川の中に入ってがんばっています。
なんとこんなにいっぱいのゴミが!
皆さん、ご苦労様でした。

国土交通省の方々も最後までお付き合いくださいました。
ありがとうございました。